自然葬への世間一般の考え方

  • 自然葬はお葬式などをしないものなのか

    • お葬式と自然葬は全く違うものです。



      お葬式は葬儀というものになり、葬儀式や社葬、家族葬、密葬、仏式葬儀、神式葬儀、キリスト教葬儀といったものが、いわゆる「種類」になります。


      自然葬はお墓に納めるのか納骨堂にするか、それとも自然葬を行うかといった、葬送方法の一つになります。



      大規模な告別式や葬儀をせずに家族葬といった身内だけで行う葬儀を選択した人が自然葬を選ぶことが多いことから、「小規模な葬儀を行った人や、直葬の場合のセオリーだ」といった誤解が生まれてしまったのでしょう。



      大規模なお葬式を行った人でも、故人の遺志を尊重し、自然葬にしたということもあります。



      種類としては大きく分けて海への散骨、野山への散骨、木のもとへの散骨などがありますが、変わったものでは宇宙へロケットを使って旅立つというものもあります。



      それぞれ費用も違いますが、特に宇宙葬の場合にはまだポピュラーbなものではありませんので、少々高めの料金設定になっています。
      法律的にはどれも全く問題はないのですが、そこに住んでいる人々への配慮が必要になります。
      過去に散骨を行ったことで地域住民や漁業組合などとトラブルに発展したこともありました。

      そういったことは極力避けるべきですので、健全な営業を行っている散骨業者などに依頼するのが望ましいとされています。



      しっかりとした業者であればトラブルにならぬよう配慮を充分に行っていますので、安心して任せることができます。

  • 関連リンク

    • お葬式と自然葬は全く違うものです。お葬式は葬儀というものになり、葬儀式や社葬、家族葬、密葬、仏式葬儀、神式葬儀、キリスト教葬儀といったものが、いわゆる「種類」になります。...

    • 葬送方法については、本人の意思を尊重するといった姿勢の遺族は多く見られますが、その意思を生前に伝えて、合意を得ておくことが必要です。特に自然葬といった新しい形の葬送方法を選択する場合には、遺族が戸惑ってしまうことも考えられます。...