自然葬への世間一般の考え方

  • 自然葬が流行している理由って?

    • 自然葬は禁煙になって世界各地で見られるようになった葬儀のスタイルです。



      山や海といったような自然の中に遺体を弔うという自然葬は、世界各地で行われるようになっています。


      しかしどうしてこうした葬儀が現代になって急に広がったのかというと、その理由にはいくつかのことが関係していると言われています。



      中でも特に大きな物となっているのが、現代人の宗教観がかつてと比べて希薄になったということです。

      例えばかつて、中世と呼ばれるような時代の欧州ではキリスト教が非常に強力な影響力を持っていました。

      教会は宗教を広める場であると同時に権力を持つ人々でありました。



      しかし現代においてキリスト教という一つの宗教が世界に対して表立った支配をしているかと言われれば、そうしたことはほとんどの地域では無いことです。



      そして日本という国は以前から、先進諸国の中でもトップクラスに宗教観が薄い国とされていました。

      現代人は人が亡くなった後建てるお墓に対して「特定の神様のもとに魂が還る」というような考えを持つより、「故人に会うための場所」という考えが強くなっているのです。



      そして自然葬が増えてきたもう一つの理由として大きな物となるのが、お墓の管理の問題です。

      現代では少子高齢化が進んでおり、かつてのように子どもや孫がお墓を世話してくれるかどうかというところに関しては確実ではない家族が増えました。
      そうした中では「お墓の管理を遺族に任せる」ということが大きな負担であるという認識が広まっており、特定の墓所を持たない自然葬に注目が集まって来ているのです。


      まだ全国で主流の方式になっているとはいえませんが、今後さらに普及していく可能性は否定できないのです。



  • 関連リンク

    • 葬送方法については、本人の意思を尊重するといった姿勢の遺族は多く見られますが、その意思を生前に伝えて、合意を得ておくことが必要です。特に自然葬といった新しい形の葬送方法を選択する場合には、遺族が戸惑ってしまうことも考えられます。...

    • お葬式と自然葬は全く違うものです。お葬式は葬儀というものになり、葬儀式や社葬、家族葬、密葬、仏式葬儀、神式葬儀、キリスト教葬儀といったものが、いわゆる「種類」になります。...