自然葬への世間一般の考え方

  • 環境に還る方法の自然葬

    • 火葬は日本で一般的ですから、合理的で選択の余地はないと考えがちですが、自然葬の思想が広まった事で、人生を終えた後の流れが変化しています。



      自然葬は環境に帰ると考えられる方法なので、火葬を行ってから灰を撒いたり、散布するやり方が一般的です。



      土に埋める自然葬は、土地を持つ人に許可を得たり、手続きを踏んだ行動が求められます。



      ただ、抵抗感を持つ人は少なくないので、どこでも実現出来る方法ではありませんが、今後考え方が一般に普及して行けば、より広い範囲で行える可能性が広がります。



      眠る場所が限られないのは、自然葬が持つ大きな特徴ですし、効果的な選択肢として登場しているので、亡くなった後の状況を今まで以上に考える必要があります。

      実現性が高まれば、自らがこの世から去った後に、どう扱われたいかを選べる様になるので、生前に希望を家族へ伝える事が重要ですし、話し合う機会を設けるのも良い選択です。



      お墓に眠る方法は、今までと同様に安心出来る選択肢で、実績が十分認められていますが、家族の負担は発生しますから、高齢化社会では更に管理が難しくなる事を踏まえ、新しい考え方が求められます。

      自然葬自体は新しくありませんし、過去の歴史では珍しくない時代も存在するので、再び注目を浴びて価値が見直されていると判断出来ます。

      環境に対する影響は少なからずあるので、自由に撒ける方法ではありませんが、安全性が認められ影響の懸念が払しょくされれば、人生を大きく変える選択肢が加えられます。



  • 関連リンク

    • 火葬は日本で一般的ですから、合理的で選択の余地はないと考えがちですが、自然葬の思想が広まった事で、人生を終えた後の流れが変化しています。自然葬は環境に帰ると考えられる方法なので、火葬を行ってから灰を撒いたり、散布するやり方が一般的です。...

    • 自然葬は禁煙になって世界各地で見られるようになった葬儀のスタイルです。山や海といったような自然の中に遺体を弔うという自然葬は、世界各地で行われるようになっています。...