自然葬への世間一般の考え方

  • 自然葬への世間一般の考え方

    • 日本消費者協会が行ったアンケートによると、自然葬に対する一般的な考え方としては、個人の意思を尊重するといったものが約半数を占めていました。
      この傾向は直葬や家族葬についてのアンケートでも現れ、多くの遺族が「本人の希望にそった葬送方法を選択してあげたい」と考えているようです。
      「法律的に問題がないならそのようにしたい」「自分も自然葬を選択したい」といった人はそれぞれ2割ほど存在しています。

      四日市で葬儀の事前見積りの情報探しはそれほど難しくありません。

      「故人の意思を尊重するが、自分はお墓に入りたい」といった人も、全体の3割存在しています。

      東京の納骨堂関する情報選びにぴったりの情報を提供いたします。

      自然葬に対する柔軟な考え方は、団塊の世代にもともとその素地がありましたが、その時には当時の高齢者に受け入れられずに自然葬が選択されることはあまり見られませんでした。

      しかしその年代が高齢者となったことで、「自分の時には」と希望する声が高まったと考えられます。
      お墓を建てないことを生前から意志表示し、身内に負担をかけないようにするといった配慮も見られます。



      また確固たる信仰を持っている人の割合は全体から見て少なく、それも自由に葬送方法を選択できる環境を作っています。

      http://news.mynavi.jp/news/2017/03/21/050/に今、注目が集まっています。

      ただし自分がお墓を建てずに自然葬を選択すると、その後に続く子どもたちも否応なしにそれを選択しなければならなくなってしまう状態もあります。

      http://www.excite.co.jp/News/society_clm/20170324/TokyoSports_666470.htmlの便利な情報を集めたサイトです。

      またその葬送方法を「寂しい」と感じる親戚や縁者もいるかもしれません。

      http://www.excite.co.jp/News/economy_g/20170331/zuuonline_143077.html

      そういった面からも、事前に話し合っておくことが必要となります。


  • 関連リンク

    • 葬送方法については、本人の意思を尊重するといった姿勢の遺族は多く見られますが、その意思を生前に伝えて、合意を得ておくことが必要です。特に自然葬といった新しい形の葬送方法を選択する場合には、遺族が戸惑ってしまうことも考えられます。...

    • 自然葬は禁煙になって世界各地で見られるようになった葬儀のスタイルです。山や海といったような自然の中に遺体を弔うという自然葬は、世界各地で行われるようになっています。...